学校案内

学校長挨拶

自分だけの「道」
帝京安積高等学校 学校長 栗原 暁

 選択に迷うことがあります。あれこれ考えてもなかなか決まらない。右か左か、どちらの道に進むか。そんな時、どうしますか?私ならこう考えます。

「決めるのは自分でしょ」

 紛れもなく自分自身です。
 では、何を大切にするのか。それは、岐路に差し掛かったときや迷ったときは、自分が本当にやりたいことや分かっていること、自分の本当の望みは何かを考えることです。周りをいっさい気にしない。そして自分らしく。自分の気持ちに素直に向き合うことが大切です。
 中学3年生のみなさんは、義務教育課程を修了し、次に何を選択するか、どのようにするか思い悩むことでしょう。この世の中には様々な価値観があふれていて、将来の道のりを決めることはなかなかに難しいことです。しかし、「道」の選択は、自分だけしか歩くことのできない特別な「道」です。顔を上げ、胸を張り、大きく腕を振りながら自分の「道」を歩き始めましょう。